エアプレッシャーペールポンプ(APP-C-AL/APP-C-SUS)

エアプレッシャー式ペールポンプ APP-C
APP-C-AL/APP-C-SUS(※エアホース・一斗缶は別売)

APP-C 使用イメージ
製品イメージ

エアプレッシャー式ペールポンプ APP-Cシリーズ
使用イメージ(※一斗缶別売)

エアプレッシャー式ペールポンプ APP-Cシリーズ
吐出イメージ

商品紹介

キャリー移動で脈動なく吐出
高圧力なので、噴射や吹き付けも可能

《APP-Cシリーズ》
APP-C-AL(オイル用)
APP-C-SUS(溶剤用)

◎缶の口径が異なるペール缶・一斗缶で共有可能
エア注入すると約一缶分は充填不要で、缶を丸ごといれて加圧するポンプです。
缶の口に左右されない構造の為、一斗缶・ペール缶(オープン・クローズ)など容器を選びません。

◎高粘度の液体に対応
容器を入れて丸ごと加圧するからラクラク高粘度も吐出します。5,000cPまでの液体でも使用可能です。

◎液体を無駄なく吐出
バネ式で缶の底までパイプが届くので、残液を最小限に抑えます。
※0.5MPaで安全弁が開きます。※加圧は0.3MPa以下でご使用ください。

《メリット》
●高粘度の液体(5,000cP以下)
●残液が少なく、脈動なし
●高圧力で高所や遠距離へも移送

《特長》
●密閉加圧式・吐出専用
●一斗缶やペール缶を入れて丸ごと加圧
●連続運転可能
●押上げ能力が30m
●1馬力(0.75kw)以上のエアコンプレッサで使用可能

APP-C 使用イメージ
缶を直接入れて使用可能(※ペール缶別売)

エアプレッシャー式ペールポンプ APP-Cシリーズ
エアプレッシャー式ペールポンプ APP-Cシリーズ

《改善例》

缶の口径が異なるペール缶で共有したい
一斗缶、ペール缶、両方で使いたい
現状・問題
×缶の口や形が異なるので、それぞれに別のポンプが必要
×缶の持ち運びが重くて大変
×粘度の高い液体が取り出せない
改善例
幅広い缶の口(40~300mm)に共通で使用可能
キャスター付きで移動も楽
ギアオイル90番も小分け可能
〇時間短縮 〇経費削減 〇重労働負担軽減

仕様表

オイル用/灯油・軽油用

APPシリーズ
型式 APP-C-AL
回収物 オイル・灯油・軽油
使用可能粘度(cP) 5,000
吐出量(1cP・抵抗無時/L/min) 50
最大吐出揚程(m) 30
接液部材質 本体 スチール
接液部 AL/Bs
パッキン NBR/FKM
重量(kg) 23.0

溶剤用

APPシリーズ
型式 APP-C-SUS
回収物 溶剤※
使用可能粘度(cP) 5,000
吐出量(1cP・抵抗無時/L/min) 50
最大吐出揚程(m) 30
接液部材質 本体 スチール
接液部 SUS
パッキン FKM
重量(kg) 23.0

※溶剤をご使用の場合は材質を侵さないものに限ります。
※防爆については、所轄の消防署により見解が異なる場合がございますのでご確認ください。

購入ルート

《代理店》
弊社商品は全国の代理店に販売しております。お近くまたはお取引のある販売店様・機械工具店様にて、『アクアシステムの○○という商品』とお伝えいただければお買い求め(お見積)いただくことが可能です。

《ネット販売》

ぽんぷやさん本店
http://www.ponpuyasan.com/

動画

参考資料

よくある質問

ペール缶・一斗缶用ポンプ(APP-C・P-S・MH・DF シリーズ)よくある質問(Q&A)


※対応液体はポンプ選定相談の「使用液体から選ぶ」をご参照ください。掲載の無い液体につきましてはお問い合わせください。
※ホームぺージ閲覧に関するご注意について
※イプロスサイトについて