エア式ダイヤフラムポンプ(DF4D-20G/DF4D-20AS/DF4H-15G)

エア式ダイヤフラムポンプ DF4D-20G
DF4D-20G

エア式ダイヤフラムポンプ DF4D-20AS
DF4D-20AS

エア式ダイヤフラムポンプ DF4H-15G
DF4H-15G

エア式ダイヤフラムポンプ DF4H-15G
使用イメージ

商品紹介

高粘度オイルや引火性液体も高所や遠距離へ移送可能

《DF4シリーズ》
DF4D-20G(オイル・灯油・軽油・ガソリン用/ドラム缶用)
DF4D-20AS(溶剤用/ドラム缶用)
DF4H-15G(オイル・灯油・軽油・ガソリン用/ホース両端)

◎電気を使用しない防爆仕様
電気を一切使用しないため防爆地域でも安心して利用して下さい。

◎高粘度の液体に対応
従来のドラムポンプで対応するのが難しかった粘度(4,000cPまで)の液体でも使用可能です。(ASタイプは2,500cP以下)

◎ドラム缶を密閉しなくても使用可能
ドラム缶に内圧をかけるタイプではないのでエアプレッシャーポンプのように缶を密閉しなくても使用できます。

◎パワフルな吐出
押上揚程が高いため、高所や遠距離への移送が可能です。

《メリット》
●高粘度液体も効率よく移送
●引火性液体も安全移送
●横引きや高揚程移送に最適
●連続運転可能の為、循環ポンプとして使用可能

《特長》
●JIS規格200Lクローズドラム缶(大栓G2)専用
●押上げ能力が高い
●ダイヤフラム式ポンプ(脈動あり)

両端ホース接続接続タイプ DF4H-15G

エア式ダイヤフラムポンプ DF4H-15G
DF4H-15G(セットイメージ)

エア式ダイヤフラムポンプ DF4H-15G
背面イメージ

エア式ダイヤフラムポンプ DF4H-15G
吸入口

エア式ダイヤフラムポンプ DF4H-15G
両端ホース(ノズル・吸入口)

 

《改善例》

1日に何本もドラム缶からオイルの小分けをしたい
現状・問題
×電動だと定格があり連続して使用できない
×ドラム缶からの、ポンプの出し入れが面倒
改善例
時間を気にせず連続して使用できるように
ドラム缶密閉不要でポンプ移し替えが楽
〇時間短縮 〇工数削減 〇重労働負担軽減

仕様

オイル・灯油・軽油・ガソリン用

DFシリーズ
型式 DF4D-20G DF4H-15G
様式 200Lクローズドラム缶(JIS規格:大栓G2/小栓G3/4) 両端ホース
ポンプ方式 ダイヤフラム
使用液体 オイル・灯油・軽油・ガソリン
使用可能粘度(cP) 4,000
空気消費量(L/min) 250
供給圧力(Mpa) 0.3~0.5
最大吐出量(1cP時/L/min) 40
押上揚程(m) 30
吸込揚程(m) 2
付属品 ノズル ボールバルブ
吐出ホース材質(長さ×内径) 耐油ゴムホース(2m×Φ20) 耐油ゴムホース(2m×Φ15)
吸入側 ドラム缶用吸入パイプ 耐油ゴムホース(2m×Φ15)
アース線
接液部材質 本体・ノズル AL
ダイヤフラム TPC-ET
パッキン NBR/FKM
重量(kg) 7.5 6.0

溶剤用

DFシリーズ
型式 DF4D-20AS
様式 200Lクローズドラム缶(JIS規格:大栓G2/小栓G3/4)
ポンプ方式 ダイヤフラム
使用液体 溶剤※
使用可能粘度(cP) 2,500
空気消費量(L/min) 250
供給圧力(Mpa) 0.1~0.3
最大吐出量(1cP時/L/min) 20
押上揚程(m) 20
吸込揚程(m) 2
付属品 ノズル ボールバルブ
吐出ホース材質(長さ×内径) SUSホース(2m×Φ20)
吸入側 ドラム缶用吸入パイプ
アース線
接液部材質 本体・ノズル AL
ダイヤフラム PTFE
パッキン PETE/FFKM
重量(kg) 6.1

※TPC-ETとは・・・サーモプラスチック高ポリマーエーテルの略です。
※溶剤をご使用の場合は材質を侵さないものに限ります。
※エアフィルタ・ルブリケータを必ずご使用下さい。
※防爆については、所轄の消防署により見解が異なる場合がございますのでご確認ください。

購入ルート

《代理店》
弊社商品は全国の代理店に販売しております。お近くまたはお取引のある販売店様・機械工具店様にて、『アクアシステムの○○という商品』とお伝えいただければお買い求め(お見積)いただくことが可能です。

《ネット販売》

ぽんぷやさん本店
http://www.ponpuyasan.com/

動画

参考資料

よくある質問

その他エア式ポンプ(DF・PST・KFCシリーズ)よくある質問(Q&A)


※対応液体はポンプ選定相談の「使用液体から選ぶ」をご参照ください。掲載の無い液体につきましてはお問い合わせください。
※ホームぺージ閲覧に関するご注意について
※イプロスサイトについて