【導入事例】クーラント液の交換作業を減らし、コスト削減に成功! 

topimg

大手自動車メーカーH様事例

背景

 クーラント液の交換作業を減らし、コスト削減したい


一部署に50台以上ある工作機械のクーラント液の交換を、半年に1度は外注委託していました。
新しいクーラント液を入れる前に、タンクの清掃もしないといけないため、かなりの外注費用がかかっていました。
何とかしてクーラント液の交換作業を減らし、コスト削減する方法はないものかと頭を悩ませておりました。

解決方法

 毎日タンク清掃できる循環式ろ過クリーナーを導入


循環式ろ過クリーナー(J-FS)を導入しました。こちらのクリーナーは、ワークを加工中でも、クーラント液を循環しながらタンク内を清掃(ろ過)できるため、工作機械を停止する必要がありません。
また、キャスター付きで移動しやすい為、1台終われば他の機械へと移動しながら清掃可能です。使用後フィルターを見てみると満タンになっていることもあり、今までいかに機械や加工物にに悪影響を及ぼしていたのかを再認識するとともに、今後は生産効率を落とすことなく、加工精度の維持もできることに気が付きました。

効果

 複数台ある工作機械のクーラントタンクも日々清掃して、コスト削減に成功!


クリーナー5台で50台の工作機械を日々清掃することでクーラント液も長持ちするようになり、外注委託は、半年に1回から年1回に減らすことができました。
加工不良が減り、クーラント液交換費、外注委託費用が減ったことで、80%コスト削減する事に成功しました。

循環式タンク清掃ろ過クリーナー J-Fシリーズの画像
循環式タンク清掃ろ過クリーナー J-Fシリーズ
導入事例ビフォーの画像
before
導入事例アフターの画像
after

製品紹介ぺージ

循環式タンク清掃ろ過クリーナー J-Fシリーズ(J-FF)不織布フィルタータイプ
循環式タンク清掃ろ過クリーナー J-Fシリーズ(J-FS)ステンレスフィルタータイプ