【導入事例】月2回のスコップでの清掃作業 社員の疲労削減と掃除にかかる費用の同時削減 

topimg

大手農業機械メーカーY様事例

背景

 クーラントタンクの清掃は肉体労働だった


もともとクーラントタンクの清掃は清掃業者に年間2回依頼し行っていました。しかし加工精度の維持を行うには毎月2回清掃を行う必要があり、スコップでスラッジ・ヘドロを回収していました。足場の悪い場所で3人がかりで、30分かけて掃除をしていて肉体疲労が続きました。

解決方法

 スラッジ・ヘドロを簡単に捨てれるろ過機を導入


そこで、アクアシステムが販売している「循環式ろ過クリーナー」(型式:J-FS)を導入しました。このろ過機は掃除機と同じで、吸込口付近の回収には適しているがタンク内に広がるスラッジ・切粉の回収ができませんでした。
しかし、タンク内に設置するフィルターを追加で提案していただき、クーラントタンク内でヘドロが広がることがなくなり、研削機精度の維持も行うことができるようになりました。

効果

 スコップ作業がなくなり肉体疲労を大幅削減!掃除にかかる時間や費用も同時に削減!


毎月2回、3人がかりで30分も行っていた重労働のスコップ作業から、フィルター内に溜まったスラッジやヘドロを週1回捨てるだけの簡単作業になり、品質維持できるようになりました。
疲労も大幅削減、人件費も時間も削減でき、大変助かっています。

循環式タンク清掃ろ過クリーナー J-Fシリーズの画像
循環式タンク清掃ろ過クリーナー J-Fシリーズ
導入事例ビフォーの画像
before
導入事例アフターの画像
after

製品紹介ぺージ

循環式タンク清掃ろ過クリーナー J-Fシリーズ(J-FF)不織布フィルタータイプ
循環式タンク清掃ろ過クリーナー J-Fシリーズ(J-FS)ステンレスフィルタータイプ