手動式ハンドピストンポンプ(S-L/S-LH-1/S-LX/S-LXHS)

手動式ピストンポンプ S-L

S-L

手動式ピストンポンプ S-LX

S-LX
手動式ピストンポンプ S-LXHS

S-LXHS
noimages

商品紹介

ハンドルを上下するだけで高粘度液体の移送

《ストレートシリーズ》
S-L(オイル用)
S-LH-1(オイル用/ホース付)
S-LX(溶剤用)
S-LXHS(溶剤用/ホース付)

◎動力源いらずのハンドピストンポンプ
レバーを上下に動かすだけのため簡単で、連続圧送が出来るため移送が楽々です。緊急時・災害時にもおすすめです。

◎高粘度の液体に対応
10,000cPまでの液体でも使用可能です。また使用液体に応じてスチール製、ステンレス製をお選びいただけます。

◎サイホン機能で連続圧送が可能
サイホン機能がついてより便利です。(ただし、粘度の高いものは効かない場合があります)
ハンドルを上下させ液体が安定して出てきた時点でハンドルを一番上まで上げます。
サイホンが効かない場合は、ドラム缶内の液面がホース先端よりも低いか、エアが噛んでる可能性があります。
その場合は吐出口のネジ、ホースの取付け部、シャフトの根元のネジを増し締めしてください。

《メリット》
●電源不要
●高粘度の液体(10,000cP以下)比重(1.5以下)に対応
●冬季固くなるオイルも小分けできる(S-Lシリーズ)
●SUS製は多様な溶剤にも対応(S-LXシリーズ)
●緊急時・災害時に大活躍

《特長》
●連続圧送が可能
●上下ピストン方式で引き上げたときに吐出
※高粘度ほどハンドルをゆっくり引き上げてください
●低粘度液体はサイフォンが効く
●1ストロークの吐出量が600cc

《ピストンポンプのしくみ》

ストレートポンプのしくみ

ドラム缶に取付けて上部のピストンを上下するだけで吐出する仕組です。上部のピストンを上へ引き上げる時に吐出します。
1ストロークの吐出量が600cc。ドラム缶から少量の液体を取出すのに最適なポンプです。シンプルな構造で故障が少ないのが特徴です。

 

《サイホン機能》
ある液体がドラム缶の中にあるとします、それを途中高い地点を越えて、目的の場所(ペール缶など)に運びたいとします。
この時、液体のある地点から目的地まで管を引き、何らかの作用によっていったん液体を管の中に満たせば、
それ以上のエネルギーを与えることなく、液体は元あった地点から目的地まで移動し続けます。
サイホンは、出発地点(ドラム缶)が目的地点(ペール缶等)より高い位置にあれば、
液体の移動によって管の内部に真空を作り、それによって液体を吸い上げます。

サイフォン原理

 

a.液体の圧力とb.の液体の圧力の差が大きいために低い位置へ流れます。
c.が液面から離れた時、またはa.b.の高さが同じになると流れはストップします。
※また始動時ホース内に空気がありd.が接液しているときは、サイフォンの機能が働きません。
一度吐出口を液面から離してホース内に液体を満たして下さい。

 

《改善例》

冬季固くなり取り出しにくいギアオイル90の小分けに
現状・問題
×冬場0℃近く気温が下がるとオイルが固くなり取り出せない
×エア式ポンプは高額
改善例
気温0℃でもオイルを取り出せる
低価格なので経費も助かる
〇環境改善 〇経費削減

仕様表

オイル・灯油・軽油用

ストレートシリーズ
型式 S-L S-LH-1
使用可能容器 200Lクローズドラム缶(JIS規格:大栓G2/小栓G3/4)
使用液体 オイル・灯油・軽油
使用可能粘度(cP) 10,000
吐出量(cc/1ストローク) 600
最大押上揚程(m) 2
付属品 アダプタ
アース線
ストレーナ 直径6.5mm穴5点
ホース材質(長さ×内径) なし(外形Φ19) 耐油PVCホース(1.0m×Φ19)
接液部材質 本体 スチール/UPE樹脂(アダプタ)
パッキン PA
重量(kg) 1.8 2.4

溶剤用

ストレートシリーズ
型式 S-LX S-LXHS
使用可能容器 200Lクローズドラム缶(JIS規格:大栓G2/小栓G3/4)
使用液体 溶剤※
使用可能粘度(cP) 10,000
吐出量(cc/1ストローク) 600
最大押上揚程(m) 2
付属品 アダプタ
アース線
ストレーナ 直径6.5mm穴5点
ホース材質(長さ×内径) なし(外形Φ19) SUS304(1.0m×Φ15)
接液部材質 本体 SUS304/SUS303(アダプタ)
パッキン PTFE
重量(kg) 1.9 3.3

※溶剤をご使用の場合は材質を侵さないものに限ります。

見取り図・参考資料

手動式ピストンポンプ ストレートシリーズ ストレート Lの図面

※対応液体はポンプ選定相談の「使用液体から選ぶ」をご参照ください。掲載の無い液体につきましてはお問い合わせください。
ホームぺージ閲覧に関するご注意