セパレート型エアプレッシャーポンプ APDSシリーズ(APDS-32/APDS-25SUS/APDS-32SUS/APDS-1s/APDS-1.5s/APDS-25pp)

セパレート型エアプレッシャーポンプ 吐出専用 APDSシリーズの画像
APDS-25(32)SUS

セパレート型エアプレッシャーポンプ 吐出専用 APDSシリーズの画像1枚目
APDS-32
セパレート型エアプレッシャーポンプ 吐出専用 APDSシリーズの画像1枚目
APDS-1s(1.5s)
セパレート型エアプレッシャーポンプ 吐出専用 APDSシリーズの画像1枚目
APDS-25PP

商品紹介

分解洗浄も可能
高粘度液体の大量移送に

エアプレッシャーポンプ APDSシリーズの画像

APDシリーズの進化版!大容量・分解洗浄が可能なポンプ【吐出専用 APDSシリーズ】

APDS-32(オイル用)
APDS-25(32)SUS(溶剤・酸・アルカリ用)
APDS-1(1.5)s(サニタリー製・ヘルール継手仕様)
APDS-25PP(酸・アルカリ用)

《セパレート型の良さ》
●液体粘度4,000cPまで対応
●一体型APD-20シリーズに比べ吐出量約2倍以上
●加圧部(エア供給口)と吐出部(ホース・ノズル部)が分かれているため洗浄しやすい
●サニタリー製ヘルール継手仕様がある

エア圧を利用して液体を吐出するポンプです。電気を使用しないため防爆地域でも安心してご利用いただけます。
SUSタイプにはアース線が標準装備で静電気対策も万全です。アース線は接地している場所に取り付けてください。

《吐出のしくみ》
加圧ユニットでドラム缶内を加圧して液体を押し出すしくみのAPDSシリーズ
1.コンプレッサーエア(0.1~1Mpa)を接続
2.密閉したドラム缶内に、レギュレーターにて安全な圧力(0.0025Mpa)を挿入
3.吐出側とノズル側のバルブを開けば液体が吐出

吐出タイプ(APDSシリーズ)と減圧部ユニットがあれば、加圧部と減圧部を付けかえることで吐出と吸入が兼用できます。

《供給可能部品》
●ホース
●ノズル
●ボールバルブ
●アダプタ
●アース線(SUS)
●加圧部
●吸入パイプ

●空気消費量が少ない
●とても静か
●残量わずか200cc

《メリット》
●残液少(約200cc)、無駄なく吐出
●揮発性、引火性液体も安全移送
●コンプレッサ1馬力駆動で静音、省エネ
●少量の小さな異物混入であればOK
●連続運転可能
●分解洗浄しやすい構造
●粘度のある液体も大量移送
●サニタリータイプは食品にも使用実績あり(APDS-1s,1.5s)
※食品衛生法には該当致しません。

《特長》
●JIS規格200Lクローズドラム缶(大栓G2)専用
●ドラム缶密加圧式で吐出専用、回収不可
●圧縮空気で駆動
●レギュレータと安全弁の2重減圧で安心
●加圧部(G3/4)と吐出部(G2)が分割

※キケンな溶剤・薬品(劇薬等)について…
ポンプの材質を侵す液体には絶対に使用しないで下さい。また、危険物等の管理はお客様の方で徹底管理して頂き、責任者等必要な液体の場合、規定に従った管理を行って頂くようお願い致します。使用液体に関しましてはポンプ選定相談をご参照ください。

※ドラム缶変形防止策について
レギュレーターにて設定圧力はを0.025Mpa以下に設定しております。
液体のよっては吐出量が減少する場合がございます。

見取り図・参考資料

仕様表

セパレート型エアプレッシャーポンプ 吐出専用 APDSシリーズの仕様表

※APDS-32はオイル用です。ご注意下さい。
※アセトンやMEKなど溶剤により、標準フッ素パッキンを付属のEPTパッキンに変更してご使用下さい。
※溶剤をご使用の場合は材質を侵さないものに限ります。
※対応液体はポンプ選定相談の「使用液体から選ぶ」をご参照ください。掲載の無い液体につきましてはお問い合わせください。

ホームぺージ閲覧に関するご注意