ペールコック(SP-L40/SP-L50)

ペールコック SPシリーズ
SP-L40/SP-L50

ペールコック SPシリーズ
レバーロックのイメージ

ペールコック SPシリーズ
エア抜きバルブ

ペールコック SPシリーズ
使用イメージ(※ペール缶・ラック別売)

商品紹介

ペール缶、一斗缶からの液体の小分けに
サーバーのように取り出せる便利な蛇口

《ペールコックシリーズ》
SP-L40(溶剤用/缶吐出出口外径Φ40.8)
SP-L50(溶剤用/缶吐出出口外径Φ48.8)
※ペール缶(P)、一斗缶(I)

◎取付・操作簡単
一斗缶・ペール缶にねじ込むだけで接続可能です。操作も上部レバーをひねるだけです。
※口金が樹脂の場合は特注対応になりますのでお問い合わせください。標準品では使用出来ません。

◎レバーロック
レバーがロックされて作業中にレバーにあたった際、漏れる心配がありません。

《メリット》
●缶に穴を開けなくてよい
●脈動せず、スムーズに吐出
●取付簡単、コックを付けたまま保管も可能
●使用液体に合わせて粘度や材質の選択可能

《特長》
●口金外径(Φ40.8・Φ48.8)サイズのペール缶、一斗缶専用
●缶を横置きし、自重で液を小分けする仕組み
●エア抜き、レバーロック付
●簡単取付
●取付口サイズは2種類有(Φ40.8・Φ48.8)
※ペール缶・一斗缶の場合、缶吐出口の大きさは、吐出口の内側では無く、外側の大きさになります。

コックの口金に関するご注意の画像1枚目
口金にはめ込むだけの簡単取付

コックの口金に関するご注意の画像2枚目40サイズー=外径40.8mm
50サイズー=外径48.8mm

コックの口金に関するご注意の画像3枚目
口金が樹脂製の場合は特注対応となります。
※標準品ではご使用頂けません。


《レバーロックのロックリングを利用方法》

コックの取付に関するご注意の画像1枚目
1.ロックパーツを穴に合わせた状態がロック解除された状態です。
コックの取付に関するご注意の画像2枚目
2.ロックされた状態のコックはロックリングが下に降りています。
コックの取付に関するご注意の画像3枚目
3.ロックされた状態のコックはロックリングが下に降りています。


《取付方法》

コックの取付に関するご注意の画像1枚目
1.キャップを取り外します。
コックの取付に関するご注意の画像2枚目
2.コック本体の袋ナットを回しツメを出します。
コックの取付に関するご注意の画像3枚目
3.缶の口金にはめ込み、袋ナットで固定します。

※画像はイメージです(BV-40を使用しています)

 

仕様

溶剤用

コックシリーズ
型式 SP-L40 SP-L50
使用液体 低粘度溶剤※
取付缶口外形(Φ) 40.8 48.8
流路径(Φ) 9.2
バルブ口径 1/2
エア抜きパイプ
レバーロック機能
接続部材質 本体 SUS304
パッキン PTFE/FKM(EPT仕様も有※)
重量(kg) 0.65 0.76

※溶剤をご使用の場合は材質を侵さないものに限ります。
※FKM材質が合わない溶剤(アセトン・MEK等)は(EPT仕様)にてご依頼下さい。

購入ルート

《代理店》
弊社商品は全国の代理店に販売しております。お近くまたはお取引のある販売店様・機械工具店様にて、『アクアシステムの○○という商品』とお伝えいただければお買い求め(お見積)いただくことが可能です。

《ネット販売》

ぽんぷやさん本店
http://www.ponpuyasan.com/

動画

参考資料

よくある質問

ペールコック・ドラムコック よくある質問(Q&A)


※対応液体はポンプ選定相談の「使用液体から選ぶ」をご参照ください。掲載の無い液体につきましてはお問い合わせください。
※ホームぺージ閲覧に関するご注意について
※イプロスサイトについて