【Q&A】エアプレッシャーポンプ (APD シリーズ)


Q.200㎏のプラスチック製ドラム缶から小分けをしたいが、缶の口が少々特殊なため、エアプレッシャーポンプのドラム缶の口と合わせるネジの部分を開口サイズ(BCS56x4:Φ52.9mm(内径))に見合うものに、変更可能でしょうか?もしくは開口サイズ(BCS56x4:Φ52.9mm(内径))に合うアダプターを取り寄せ可能でしょうか?

A.エアプレッシャーポンプ(APD-20AS)は、構造上ドラム缶を密閉して使っていただく必要がございます。 JIS規格200ドラム缶専用ですので、特殊ドラム缶にはご使用いただけません。 また、弊社では密閉しなくても使える […]

Q.エアプレッシャー式ドラムポンプ(APD-20)を100Lドラム缶用のものに変更し作成可能ですか?

A.口サイズがG2インチ、板厚が1.2mm以上の100Lドラム缶をご利用ですとパイプカットにて作成可能です。 別途、お見積りが必要ですのでお問い合わせください。

Q.防爆仕様の製品ですか?

A.防爆の規格には該当致しませんが、着火源の電気を使用しないので防爆地域でもご利用可能です。

Q.吸入パイプのカットはできますか?

A.対応可能です。別途費用がかかりますのでお問い合わせください。

Q.異物混入はどのくらいまで大丈夫ですか?

A.7~8mm程度の大きさまでは対応可能です。

Q.液体の残液はどのくらいですか?

A.200cc(0.2L)程度になります。吸入口がバネで伸縮する仕組みですので、比較的残液の少ないポンプです。

Q.ホース延長は可能ですか?

A.可能ではございますが、揚程は2mまでとなります。残液にご注意ください。

Q.エア式で高いところに吐出したいのですが。

A.DFシリーズのポンプを推奨致します。

Q.オートストップガン・流量計は後付けできますか?

A.後付けすることが可能ですが、異物混入は不可となります。(取り付けない場合でも7~8mmの大きさが限界となります)また、接続に部品が必要な場合もございます。 また、流量計を付けることで防爆地域では使えなくなりますのでご […]

Q.ボールバルブノズルとガンノズルの違いは?

A.ボールバルブノズルは吐出量が多く、流量を確保しやすいですが、両手でご使用するものになります。ガンノズルは吐出量はボーズバルブより劣りますが、片手でお使い頂けますので便利さでは勝るかと思われます。

Q.ドラム缶が破裂することはありませんか?

A.安全弁と自動減圧弁(レギュレーター/0.05MPa以下に自動的に減圧)を装着しております。ドラム缶内の圧力を一定に保つように設計している装置ですので破裂の心配はございません。

Q.エタノール99%をドラム缶から吐出したいですが、使えるポンプはありますか?

A.グリセリンは粘度が高い為、エア式でしたらPSTシリーズをお薦め致します。しかし、吐出圧の観点からガンノズルのお取り付けはできません。

Q.エタノール99%をドラム缶から吐出したいですが、使えるポンプはありますか?

A.APDシリーズになります。密閉仕様ですので、エタノールのような揮発性の高い液体に適した製品です。

Q.APD-25にMK33-25OLを付けることはできますか?

A.取付可能です。MK33-25D(灯油・軽油用)とMK3-25OL(オイル1,000cP以下用)がございますので、使用液体を必ずご確認下さい。

Q.アクアシステムのエアプレッシャーポンプを使用するとドラム缶が変形することはありますか?

A.JIS規格Ⅰ種M級、2種H級以上の200Lドラム缶(板厚1.2mm以上)をご使用の場合であれば、原則変形することはございません。 古いドラム缶やキズのある使用済のドラム缶を使用されたり、エア圧が高すぎたりすると変形す […]

Q.防爆地域で使用できるドラム缶用ポンプはありますか?

A.エアプレッシャー式ドラムポンプ(APDシリーズ)、エア式のポンプ(DF・PST・AMH1D・ACHD・AMVHD・CHD・Ad-1AIR)の各シリーズ、電動式ドラムポンプ(SFC・SHCシリーズ)が使用頂けます。

Q.クーラント液に使用できる製品はありますか?

A.クーラント液は、冷却剤や防錆剤と言われ、オイルポンプでは基本使用不可となります。 ハンドピストンポンプ(S-LX)、エアプレッシャーポンプ(APDシリーズ)、ハンドロータリーポンプ(HRD-25SUS)を推奨致します […]

Q.エアプレッシャー式ドラムポンプ(APD-20GN)に付いている黒いキャップのようなものが動かないのですが、不良品ですか?

A.そちらは自動減圧弁(レギュレーター)です。 ドラム缶内の圧力を一定に保つとともに、一定の圧力(0.025Mpa)以上になるのを防ぐ為のものです。 基本的にはお客様の方で操作を行わないようにして頂きたいのですが、どうし […]

Q.エアプレッシャー式ドラムポンプ(APDシリーズ)の吸入口についている止め輪、圧縮バネの部品供給は可能ですか?

A.止め輪、圧縮バネの部品供給は可能です。加工の為には止め輪を外す工具(スナップリングプライヤー(10 S32))をご用意頂く必要がございます。

Q.エアプレッシャー式ドラムポンプ(APD-20N)に簡易機械式流量計 (MK33)を取り付けることはできますか?

A.取り付け可能でございます。当社にお送り頂いてこちらで行うこともできますので、別途お問合せ下さい。

Q.THF(テトラヒドラフラン)で使えるポンプはありますか?

A.THF(テトラヒドラフラン)はSUS304、PTFE、FFKMでご使用頂けますのでエアプレッシャー式ドラムポンプ(APD-20SUSN)を推奨致します。 但し、長時間、PTFEは長時間 THF(テトラヒドラフラン)と […]

Q.エアプレッシャー式ドラムポンプ(APDシリーズ)で内圧をかけた際、ドラム缶が膨れてしまうのですが問題ないでしょうか?

A.APDシリーズはドラム缶に内圧をかけて液体を吐出するため、ドラム缶が膨れることはありますので問題ございません。

Q.エアプレッシャー式ドラムポンプ(APDシリーズ)の使用でドラム缶内の液体が無くなってからも、エアコンプレッサーで空気を供給し続けたらどうなりますか?空気は抜けるのでしょうか?

A.ドラム缶内の圧力はレギュレーター(減圧弁)によって0.025Mpaに保たれているため、それ以上の空気は入らない仕組みとなってます。 万が一、ドラム缶内の圧力が0.07Mpa以上になった場合には、安全弁より空気が排出さ […]

Q.駆動源は、電動かエアでエタノール99%をドラム缶から吐出したいのですが適合するポンプはありますか?

A.エアプレッシャー式ドラムポンプ(APDシリーズ)は密閉使用なので、エタノールのような揮発性の高いものに推奨しております。